【退職しました】一部上場メーカーの会社員をたった一年でやめてみて。ぶっちゃけトーーク!

Pocket
LINEで送る

どーも、めぐです。

3月末に会社を辞めました。会社を辞めて昨日で丸一週間。

区切りをつける意味でも、そろそろ わたしの去年一年の振り返り&今の状態を書き綴っておこうかなぁと思います。

 

新入社員がたった1年で誰もが知っている一部上場メーカー(福利厚生バッチリ。一年目とはいえ、あがろうと思えば定時帰社も可なホワイト職場)を辞めてしまった経緯について、建前なしの本音で語りますよー!

 

**このページを見てくれている会社の人へ。わざわざ私のHPまで見に来てくれてありがとうございます♡

社内の人であろうと、ここまで来てくれた人には洗いざらい話しますね。

その代わりと言ってはなんですが、ここに書いたことはあなたの胸の内にそっとしてまっておいてもらえると嬉しいです。**

 

仕事内容っていうより、毎日の生活に違和感を持っていた

light-bulbs-1125016_1920

ぶっちゃけ、入社当時から大学院で2年間研究をしてみて、自分は分析をするお仕事で喜びを感じられないことは知ってました。

 

そんなわたしの就活時代は、興味を持った会社に片っ端からエントリーする戦法。

大手メーカーのデータ解析者とは全然違う業種の、ベンチャー企業の企画広報・営業まで幅広く受けてました。

自己PR&志望動機さえしっかり作れば、なんとかなるのが THE・就活です。

(日本式就活って、ミスマッチが起こりやすくて、雇われる人・会社双方がアンハッピーな仕組み)

 

わたしが働く会社を選んだ基準は、ずばり「他人軸」です。(就活してる人にはおススメできない考え方w

どんな風に他人軸だったかというと、

めぐ
自分自身なにができるかよくわかんないから、とりあえず他人から見て客観的に求められるものをやってみよう!
めぐ
自分ができそう&興味があることなら、実際に働いてみたら案外慣れてきて楽しめるかも。
ただ、就職を機に大学時代ずっと付き合ってきた彼氏と遠距離恋愛をし始めてみて、喧嘩が日に日に増え、毎日漠然と焦ってました。

 

「仕事とプライベート、どっちが優先?」そう聞かれたら、「仕事!」って自分は答えられると思ってたんです。入社したてほやほやの頃はねー。

 

でも、あるイベントを経験して、そこが微妙に違うことに気づきました。

 

自分自身がどう行動したいか気づいちゃった決定的なイベント

TAKEBE160224020I9A0351

9月、いきなり2日ほど有給休暇を連続でとった時期があります。

実は、そのとき 大学時代5年間お付き合いした彼氏からフラれてしまい・・・いてもたってもいられず、フラれた翌日には東京から彼氏がいる大阪まで飛びました。

お仕事のある平日に修羅場してる場合じゃないっしょーふつつかものめ!って感じですが、事実ですw

 

 

貴重な有休を使ってまで、「もう少し様子みようよー」って説得にかかったものの、彼氏には全くとりあってもらえず。。。

 

あー、これが終わりってやつなんだなと。

 

取り返しがつかないことをしてしまったんだなって、死んだ魚のような目をしつつ後悔しました。

 

 

起こってしまったことはもう元に戻せない。

彼氏と一緒に過ごすために休日を使っていた私は、暇人かつ精神的にもぽっかり大穴が開きました。

気をまぎらわせようと、同期と遊びに行ったものの、なんだかうまく楽しめない。

そこで、大学時代に自分がやってみたかったけど、失敗するのが怖くてやらなかったことに手を出してみることにしたんです。

それが、わたしがブログを始めたきっかけ。

 

『お昼は会社。夜はブログ。』二足のわらじ生活初期は、楽しむというか必死にならざるを得ませんでした。

必死になる時間は、良い意味でわたしから時間を奪ってくれて、元カレのことに執着して考えちゃう時間が格段に少なくなりました~。ありがたやです。

他にもブログをやってて良かったなって思えるのは、その頃辛かった気持ちをブログに書いて、色んな人から声をかけてもらう内に、しんどい経験を自分のなかで割り切れるようになったこと!

 

会社を辞めてまでやりたいことなんて本当にあるのか?

Green19_taisyoku20141123133801

会社を辞めて7日経ってわかったことがあります。

わたしは取り立てて文章を書くのが得意というわけじゃありません。

今だって、1記事書くのにめっちゃ時間をかけています。

 

 

それでも、発信したいことがあります。

社会全体で大きく見ると、もっと女の人が金銭的にも精神的にも自立してハッピーになれる環境作りをやってみたいです。

苦労してきた母親の姿を小さい頃から見てきて、自分の恋愛経験もあって。

 

まずは、1.ブログ経由で自分が生計を立てられるようにして、そのやり方を発信したい と今は考えるようになりました。

自分ひとりで生計を立てられる力を持つことで解決できる、女性のお悩みって多いと思うんだよね。

 

 

そして、個人としては 2.好きな人といっしょにご飯を食べたり一緒に時間を共有したりすることで自分が笑顔になれる ので、それを実現させたいです。

 

 

たぶんこの2つは誰かが褒めてくれようがくれまいが、勝手にやりたいなぁって思えます。

調子が悪い時も、この2つのことを実現させるためなら、その日まで自分を頑張らせる。

そう決めて、会社を辞めるに至りました。

 

辞めてみて。わたしは今選んでここにいるということ

directory-396264_1280

「わたし、ライターになる!」

と言って、収入に繋がってないにも関わらず見切り発車で 会社を辞めてみました。

いまの私は文章を書いててニコニコしているわけではなくどっちかというと自分が「これ素敵じゃん!」って思う文章を読み集めたり、お絵描きしたりしているときのほうが夢中になっています(笑)

先生っぽくなりたくないけど、自分が持っている知識をシェアするのも大好き。

これらはストレスで暇つぶしをしているっていうより、気づいたら自然とやっていることです。

やってるだけで、ワクワクするしニコニコしてます。

 

そういう自分の行動を見ていると、「書くこと」自体がどうしてもやりたいことではないのが分かります。

それでも、ライターとしてまずは頑張ってみます!!

 

というのも、方向性としては会社に勤めていたころより ずれていないように思うから。

わたしが求めるものと今努力している作業の間にあるギャップは確実に小さくなっています。

 

人が期待していることを適切に伝える方法として、ライティングは役に立つ。

それに、自分がやりたいと願う二つのこととリンクしてるから、どうしても上手になりたい。

何かに失敗しても次どうしたらうまくできるだろうって考えられる。その作業さえも楽しめます。

 

 

毎日の生活を何となく惰性で過ごしていると、人間って自分が選んでその場所にいることを忘れがちです。

みんながみんな、やってて喜びを感じることを仕事にする必要はないのかもしれません。

平日真面目に働いて 休日満喫するって生き方も、個人によってはそれが幸せ!って思える人だっているもんね。

 

とにもかくにも、人から求められるものを毎日見つけて 元気に提供していきます!

P.S. 記事の最初にある写真の薔薇は、会社の送別会でいただいたもの。
ダンディなおじさまから、生まれて初めて真っ赤な薔薇のプレゼントをいただきました(笑)
一年間という短い間で、会社での成果はあげられなかったけど、個人としては得るものがたくさんあったよー!
らぶ♥

 

↓お肉じゃなくて、Facebookいいねが今のわたしの活力です(笑)

 

 

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です