やりたいことを仕事にしてみて。価格設定の難しさ。

Pocket
LINEで送る

会社を辞めて1ヵ月+2週間が経ちました。

日々の成果報告に加えて、わたしが活動していく中で感じた自分のサービスの価格設定の難しさを「自分でこれからサービスを売っていきたい!」って人にシェアします。

ライターの仕事について

writing

ライターになりたいって発信し続けていたら、自然と道が繋がってきてます!わほーい!!

この一か月半のあいだで、今後 継続してライターとしてのお仕事を獲得できそうな場所(頻度は分からないけど)を計3箇所作ることができました。

まだスタート地点に立ったばかりなので、これからの展開はわたしの努力次第なんだぞ~~って戒めながらも嬉しいっす!

 

今月依頼された記事は2つ。記事を作成してる最中は苦しくてウミガメの産卵状態でした。

でも、完成させたときはきちんと達成感があって。

(苦しいとは言うけど、もっとうまい表現を探しまくってそうなるだけです。
振り返る頃には、それも楽しかったなって思うドМ)

 

とにもかくにも、自分が書いた記事が公開されるって段階になったら、さらに喜びが増して、踊り出しそうです♡

 

WordPress関連の仕事について

わたしがWordPressを教える仕事をする理由と今までの成果

achievement

こちらは、以下の3つの理由からやってます。

  1. SEだった自分が人より優れてるって客観的に言える強み。
    アドバンテージは、IT関連のノウハウ。
  2. 発信するツールとして便利。その強力さは身をもって体験してる。
  3. 人に伝えたい。役に立ちたい。

私自身、「WordPressがめっちゃ好き!わっくわく~!!」ってわけではありません。

 

4月・5月現時点までの成果としては、こーんな感じ。

  • WordPressの勉強会:2回開催
  • WordPressの無料立ち上げサポート:5名申し込み

 

自分のサービスの価格に迷っている。その原因とは。

Why

ただ、このWordPress関連の仕事。

やっていく中で自分が提供するサービスの値段設定にハンパない迷いが生じてきました。

 

たぶん、迷いのもとになってる感情は

めぐ

「自分が欲しい値段に設定する」ことで、人が集まらなかったらどうしよー。

超カッコ悪い!ダサいかも!!

です。

いろいろ言い訳して行動出来ないことがある人って、実は感情的な理由が一番の問題だったりします。

困った人やね。

 

ぶっちゃけ、適正な価格なんて試してみないとわからない

coins

「勉強会」は、みんなで集まって黙々と作業をするスタイルなら、今の値段でも構わないかなぁって思ってます。

場所のセッティングだけなら、人と出会えるのってそれだけでも私にとっては楽しいし。

 

でも、「勉強会」と言いながら わたしが教える形になっちゃうんだとしたら、値段を改めたほうがいいかんじです。

 

また、無料のWordPress立ち上げサポートについても、データを移管したい場合に関しては有料にしようと考えています。

 

安い価格設定をする弊害

girl-astonished

値段を改めようと思ったのには理由があります。

 

「せっかく申し込んだ人には、満足してもらえるようにしたい」

 

そう思って準備をしていると、実際のところ 準備にはだいぶ時間がかかることが分かりました。

勉強会も、無料サポートも、説明をするためには、しっかりと準備をしなきゃいけません。

 

あまりに価格を安く設定し過ぎてしまうと、モチベーション云々の話より前に採算がとれません。

そうすると、サービスを続けていけなくなります。

平たく言うと、わたしが生活できなくなって死にそうになってしまいますw

 

安い価格設定の弊害は、

「サービスを続けていけない=自分のサービスを今後受けれるはずだった人が受けられなくなる

ことだと、こないだある人から教わりました。

 

安い価格設定は、短期的に見れば いまサービスを受けている人にとっては安い価格で受けられるのでお得だし、集客もしやすいでしょう。

その一方で、長期的に見たらサービスを提供していく側の私自身・そして社会全体で見てもアンハッピーです。

 

また、その人はこうも言ってました。

価値観が違う人と、そもそも同じ土俵に立って議論しようとしちゃいかんよってことですね。

 

 

あとがき

WordPressに関しては、自分のサービスの値段を適切な値段に設定できるようになるには まだもう少し時間がかかりそうです。

しばらく実験が必要そうなので、サービスの案内といっしょに値段が変動する可能性があることをアナウンスしておこうと思います。

 

ライター業に関しては、ガンガン書いてく!のみですね。

ふぅ~~~~~!

 

↓Facebookいいねが今のわたしの活力です(笑)

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です