【めぐの取説】めぐがお返事を返してくれない。そんな時、いったい何を考えているのか?

Pocket
LINEで送る

今日の記事は、「わたし自身の主張」かつ「ネガ」な内容で、「役立つ!」とか「楽しい!」ものは何一つ転がってません。
通常記事を普段読んで楽しんでくださっている人は、まわれー右!してください。

「なんか心当たりある…」「めぐのドロドロ見てやろうか?w」っていう方のみ、読んでくださると嬉しいです。
文字だらけで目を休める場所もありませんが、下にスクロールしてどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

いまタイトルの状態、「お返事を返すことができない」真っ最中です。
正直言って、あまり元気がありません。
負のオーラがにじみ出てしまう時は、ブログを書かないように極力noteに書いたりしてきたんやけどね。
PV増やしていきたいから自己主張が強い記事の数はコントロールしよう、とか。
誰が見てるかわかんないのだから自分の暗い部分が見えちゃう言葉を書き並べるのは怖いなぁ、とか。

でもね。ブログの方針変えたことだし。
ちょっと。どうしても。我慢できなくなったので、書いておきますね。

 

カミングアウトしてしまうと…
わたしには 苦手意識を持ってしまった人に対して、連絡を根こそぎ絶っちゃうクセがあります。
一人だけじゃないです。過去に何回かそういうことしてきてます。
事柄もそう。苦手意識を持っていることほど、先送りにしちゃう。

「好きなもんは好き!」っていうと、なんか素敵でカッコいいじゃないですか。
反対もまたそう。なのです。
「嫌いなもんは嫌い!」その裏側はとても褒められたものじゃない、無責任なものです。

とんでもねークセだなと我ながら思います。
連絡取れないって、仕事じゃ信用失うもんね。
けど、プライベートくらい自分のワガママ守りたい。大切にしときたいんです。
とか言いながら、独立してからは今のお仕事は「好き!この人と一緒にお仕事できて嬉しい!!」と思えるものしか私の手元にありません。

 

八方美人でニコニコしてるけど、嫌いなもんは我慢できない性質で。
あれです。例えるなら、「いつも穏やかだった休火山が、ある日いきなり大噴火してもうた!」みたいな感じ。
いっしょに働いてた会社の元同期から言われたり、ライティングのお師匠さんから言われたりして、再認識したのだけど。

我慢の一定ラインを越えちゃうと、もう見たくもないって、ココロにもカラダにも拒否反応が出ちゃいます。
義務感で連絡を頑張って返しても、とても辛い。

苦手意識が芽生えたからと言って、その人のこと全部嫌いになったわけではなくって。
今までお世話になったことには感謝してます。
感謝と好意は別。
そして、わたしの苦手意識はその人がしてくる「行動」に対しての感情。
でも、その苦手意識×回数ってされると、その人の存在自体をどんどん嫌いになっていってしまう。
マイナスにどんだけ回数重ねても、負の感情しか湧いてきません。

一言でいわせてもらうと、
わたし しつこくて細かいのがとっても苦手なんです。
自分の一挙一動に何か言われてしまうと、
わたしの大事なパーソナルスペースに毎日ズカズカ入られてしまうと、
困ってしまいます。
ある程度、放任しておいてください。
自分にまかせてもらったお仕事の納期は、どうにか守り切りたくて。
そして、お仕事の量も少しずつ増やして、毎日頑張ってます。
そんな中でもハートリーピングな相手だったら、すぐにお返事します。
わたしって、そんなやつです。
大事な人のためならこの身を削ってでもアクションするけど、そうじゃない人からの好意にはちっとも心が動きません。
ついでに体も動きません。

そのくせ、変に律儀なので、連絡を返さないと罪悪感をおぼえちゃう性質でもあります。
「連絡ないからどうしたのー?心配してるよ!!!!!」って、メッセージを大量に送りつけられるのは私にとって全く嬉しくありません。
喜ぶどころか、期待にこたえられない自分を責めて 物凄くヘコみます。(なんてめんどくさいやつなんだ…!)
ついでに言うと、無視してるメッセージについては 中身もチェックできてません。(LINEの既読トラウマかなしい…)
あなたが怒ってるか、心配してるかさえ、知らない状態で、メッセージ置きっぱなしにしてます。
ごめんなさい。

 

こんなワガママに理解があって相手してくれる一枚上手な大人のみなさま、これからもよろしくお願いします。
わたしの傍若無人な振る舞いでいちいち傷ついちゃうナイーブな方や、
わたしの無責任な態度を見てイラついてしまう方は、
近くにいてもお互い良い気分はしないので離れましょう。
もう関係を続けるのがどうしても辛くなってしまったら、わたしのほうからもブロックさせていただきます。

ここ数日間、断絶している方へ。
断絶ENDになりたくないので、書いた文章でした。
だって、それくらいにはお世話になったなぁって思ってるもの。
ただ、これからもお付き合いしたいけど、でもこの調子じゃしんどいなっていうのが本音。
まだ辛さMAXではないので、納期が終わったらこちらからご連絡いたしますね。

 

「その相手だけにメッセージ送ればいいやん!」はい、ごもっともな意見です。
わざわざなんでブログに書いたかというと、
「連絡断絶」は徐々に直していきたいクセだけど、人間関係って波があるから他の人にこれからも繰り返しちゃう可能性があります。

連絡断絶されてしまってる相手に、その時に読んでほしいっていう勝手なわたしの願いから。
取説的な書き置きを作りたくって。
自分の面倒臭さも、認めたくって。

 

二回続けてあなたから連絡して、わたしのお返事が返ってこない場合は、基本放置でお願いします。

 

 

今日の記事はネガキャンでごめんなさい。

明日は頑張ってる納期のもの日中にすませちゃって、夜はうきうきすることしよーっと!

久しぶりに体幹鍛えたら、思いのほかダメージがでかくてビビってますw
明日は読んでほっこりする記事書きたいなぁ。

 

この文章を書いてる、「めぐ」ってこんな人⇒ プロフィール

 

↓Facebookいいねが今のわたしの活力です(笑)

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です