まだサラリーマンで消耗してるの?【毒舌注意】

Pocket
LINEで送る

どーも!めぐ(@megblo_com)です。

珍しく炎上しそうなタイトルの記事を書きます(笑)

やまもとりゅうけんさんが書いた、こんな記事を見つけました。

[猛毒注意] 会社に面倒みてもらってる時点で自立してないからね?
RYUKEN OFFICIAL BLOGより)

内容は、会社員としての働き方への猛烈なdis。

 

ここから先は、会社員として働くことに疑問を持っている人・自立と依存について深く考えたい人のみ進んでね!

会社員って働き方に誇りを持ってる人は読んでも気分を害するだけかなぁと思うので、そっとページを閉じてくださいw

 

サラリーマンの良さとわたしの選択を支配してたお金

money-girl

もらう金額が安定している、なおかつ継続的な収入が確保できるサラリーマン。

そんな生活をわたしも実際に一年やってみて、良さを感じました。

だけど、単一収入で自分の生活費を全部まかなうことに恐怖を感じちゃったんです。

 

小さい頃、わたしの生活すべてには親が介入していました。

中高時代、お金はもちろん、毎日学校まで行くのに駅まで送り迎えするのも、お弁当を作ってくれるのも。

大学時代は、恥ずかしながら親に甘えて学費も生活費まで出してもらいました。

生粋の箱入り娘かつ一人っ子です。た、叩かないでw

不満があっても親に反抗する勇気を持たず、言い訳ばかりして波風立てない選択肢ばかりしてきました。

今考えたら、甘すぎます・・・。ばっかもーん!!!

 

働いてても自立できてない、謎の感覚

worker

就職したことで収入を得るようにはなりましたが、「親」がただ「会社」に代わっただけで自分の感覚としては全く一人前になった気がしませんでした。

毎日絶えず、こんな考えが頭をかすめるんです。

 

めぐ
もし会社が倒産した時、わたしはどうするんだろう
めぐ
会社を辞めて、「めぐ」っていう人間が一人になったとき私を必要としてくれる人はいるだろうか

 

考え過ぎだと思う人もいるかもしれません。

 

けど、いざ何か起こった時に自分でない他のものに原因をなすりつけて泣き寝入りするしかないようなことがあっては・・・

その時にもし自分に子どもまでいたら・・・

わたしは、自分のことが情けなくて死にたくなると思いました。

 

「頼る」と「依存する」の明確な違い

statue-of-liberty

「誰かに頼ることがあってもいいけど、依存する関係はダメ」っていうのがわたしの信条です。

 

頼ると依存するは、似ているようで明確に違いがあります。

「頼る」の行動の前提にあるのは、お互いに助け合える関係です。

「依存」の行動の裏には、恐怖があります。

わたしが小さい頃、親に反抗せずに金銭面でも生活面でも支援を受けていたのは、依存していたからだと言っていいでしょう。

 

依存の例をあげてみますね。この二つは依存。

「夫の収入を生活費にしていて選択肢が限定される主婦」

「単一の収入源で生活しているサラリーマン」

 

その一方で、これは依存には当たらないと思ってます。

「夫の収入を生活費にあてているけど、夫が死んでもすぐにネクスト夫を捕らえられるくらい魅力的な女性」

「単一収入源のサラリーマンだけど、ヘッドハンティングの引く手あまた!デキるサラリーマン」

 

この人たちは、頼りにしてるものが万が一なくなったところで大打撃は食らいません。(まぁ、多少は痛いでしょうが…)

彼らは恐怖をもとに行動する必要などないよね~。

 

**

以上、恐怖に支配されて生きるより、自分の選択肢を広げるために努力したいよね!って記事でした。

まとめが雑だぜww

 

それでは!

 

P.S. 前に書いた記事:脈あり?「俺のこと好きかも」と勘違いさせる女性の行動【女性向け】の最後の部分「頼み事」も依存ですよねw

↓Facebookいいねが今のわたしの活力です(笑)

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です