気分が落ち込んだ時の対処法。具体的にできること。

Pocket
LINEで送る

気分が落ち込んでしまうと、頭に浮かぶのはネガティブなことばかり。
ちょっとしんどい状態なのに…から元気で頑張った挙句、その反動で落ち込んで、余計に辛くなってしまった経験ありませんか?気持ちをしっかりと回復させるにはどうしたらいいんでしょう?

無理なく回復させるためにできる具体的な行動(4STEP)を紹介します。自分自身の体験をもとにしてるので、わたしとタイプが似た人(インドア。落ち込むと自責を繰り返しがちな人)なら有効かもっす。

ひたすら自分の好きなことをやって、感情を揺り動かす

正直、このステップを繰り返してちゃ、時間を食うばっかりで落ち込みから脱却できないのですが…まずは、自分の好きな事を存分にさせてあげる時間をとってあげましょう!

わたしの場合は、インドア志向なので、本を読んだり音楽を聴いたり。
(アウトドアな人はこの段階でスポーツできると、今回紹介するステップ全部やんなくても落ち込みを吹っ飛ばせるんでないでしょうか。うらやましい限りっすね。)

感傷的な気分が味わえる本などを選んで、存分にその感情を味わいます。泣いたり、怒ったり、気がすむまでとにかく感情を解放します。
わざわざ落ち込む元凶となった感情を選ばなくて構わないっす。極端な話、感動でもハートウォーミングでもなーんでも良くって。
感情の針をぐあんぐあん揺らしましょう。

外に出る

激烈な感情を味わった後なのでたぶんお疲れだとは思うんですが、外に出てみてください。
疲れたからといってすぐさまお布団で睡眠をとってしまうと、ステップ1からやり直しをしなきゃならなくなるので時間ばかりが過ぎていきます。
焦ることはないけど、ずっと落ち込んだままじゃしんどいから、ここは少し頑張って!

外に出る第一目的は、あなたの好きな物を食べにいくためっす。
会社に毎日通ってる人からしてみれば、「何当たり前のこと言ってんのよ!外に出るのなんてお茶の子さいさい!!」って感じのステップかもしれませんが、外に出る=あなたの好きな場所に出かけるっていう風に考えてください。
あなたのパワースポットへGO!

美味しいもんを食べる

これね、意外と見落としがちだと思うんですけど、「気持ちの元気がないときって、カラダの元気も落ちてる」。
カラダに元気をあげよ!
腹が減っては戦が出来ぬってことわざもあるくらい。空腹だとイライラするし、ポジティブになるのは至難のわざ。食べ物は超だいじ。

自分で作るのもアリだけど、料理が趣味って人以外はきっとパワーがいる作業だと思うんだよね。
ここはひとつ、誰かに作ってもらったあったかいご飯を食べちゃお。

人に相談する

sheep

「わたし、落ち込んだときは一人で対処するの!」そう言う人もいるかもしれません。

今まで頑張ってきた、甘え下手な長男長女一人っ子さんに聞いてほしい。
意地を張る必要がない理由を、わたしなりにこれから説明してみます。

人間の強さって「集団」で生活できるところにあると思うんです。
例えばね、蛇口から出るお水だって 日常的で当たり前のことだけど、色んな人が協力してダムとか水道管とか通ってきて今あなたの目の前にある。
ひとりじゃないから、それってできること。

一人の脳みそで考えられることって、しかも落ち込んでる状態で人間が考えられることって、視野が狭くなってるかもってちょっと思いません?
弱った時くらい、誰かに頼ってもいいんじゃないかな。普段、頑張り屋さんな人ならなおさら。

 

今回うちの尊敬するお師匠さんに相談したとき言ってもらった名言を紹介しときますね。
個人的には目から鱗だったの。

会ったことが1回だろうと、少ない回数だろうと、相談してもいいと思うよ。そこで嫌われるくらいなら、その後も関係が続くわけないし、早い段階でご縁がないのが分かってよかったやんって。

なにより、相談すると、相手ともっと仲良くなれるし!自分からオープンマインドすることが仲良くなる秘訣。

自分が仲良くなりたい人にどんどん相談してみなよ~。ステキって思う人は、優しい人多いから。

怖がらなくても、あなたと仲良くなりたいって思ってる人は多いと思うよ♡

 

たぶんね、落ち込むのって当たり前のことが当たり前にできなくなってる時だと思うんです。
いつもだったら当たり前にできてること。カラダを動かしたり、食事をしたり、人と関わったり。

アタマの中ぐるぐる考えたままじゃ、何日経ってもしんどいよ。
カラダ、少しでも動かすのがオススメ。

 

落ち込んでどーしよもなくなってる、きみにとどけ!

 

この文章を書いてる、「めぐ」ってこんな人⇒ プロフィール

あ、ちなみにわたしも相談のれるよ!⇒サービス

 

↓Facebookいいねが今のわたしの活力です(笑)

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です