仕事がめんどくさい!頑張ろうという気持ちになれない自分、どうしたらいい?

Pocket
LINEで送る

 

あなたは、仕事でのストレスをどうやって解消していますか?

今までに書いた記事で、仕事に関するお悩みを3つのパターンに分類してきました。

あなたが感じている仕事のストレスは、3つのうちどれに当てはまるでしょうか。

仕事に関するお悩み 3パターン

  1. ハードワーカー型
    自らすすんでやっているかはどうかは置いて、寝る時間を削るほど長時間働いている人
  2. 人間関係お悩み型
    職場の人間関係(上司・同僚・お局様 etc.)がうまくいかないことに悩まされている人
  3. 蓄積ストレス型
    差し迫って労働環境が耐えがたいってわけじゃないんだけど、やりがいのない仕事が面倒臭くなってる人

 

今まで連載してきた『仕事とサラリーマンのストレス』シリーズの記事も、今回が最後。

今回の記事では、今いる環境がとてもきつい状況という訳ではないけど、「仕事にやりがいを感じられない」「仕事がめんどくさい」と思っている人(3.蓄積ストレス型)に向けて、ストレスを軽くする方法を紹介します。

 

お悩みパターン1あるいは2に当てはまるかも!って人は、下の記事から読んでみてください^^

【過去記事】
1.ハードワーカー型
「長時間働いて、身体的にもう限界」って人は、こちら↓
ストレスフルな仕事!憂鬱な月曜日とさよならするための方法

2.人間関係お悩み型
「職場で苦手な人がいる。それが憂鬱」って人は、こちら↓
職場の人間関係、どうしたら楽になる?3ステップ

 

やりがいのない仕事を続ける理由って、何だろう?

「仕事がめんどくさい」「会社に行きたくない」

こう思いながらも、あなたが仕事をやめない理由って何でしょうか?

  • 生活するためにお金がないと困るから
  • 会社員をやめると将来が不安だから
  • キャリア・ステータスが欲しいから
  • 仕事場に尊敬できる人がいるから
    etc…

様々な理由が考えられますよね。

 

まずは、自分が仕事をやめない理由から、仕事を通して得られるメリット・デメリットを整理してみてください。

その上で、今後も仕事を続けていきたい気持ちが強いのか、もう仕事をやめたいのか、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

 

ストレスを軽くするための具体的な方法について、仕事を続けたい人・やめたい人の2パターンにわけて説明します。

 

蓄積ストレス型の人がストレスを軽くするための具体的な方法

「今の仕事を続けたい」と思っている人

今の仕事が必要だと判断された方には、「めんどくさい」と思った時に具体的にどう行動すれば良いかを提案します。

 

とりあえず、仕事をする環境・場所へ行く

PAK75_dashsuru20140823110148

 

「めんどくさい」と思ったら、考え事をしてそれ以上自分の感情が出てくる前に、すぐさま仕事場(仕事ができる環境)に行きましょう

他にも仕事をしている人がその場所にいると、なお良いですね。

ポイントは、考えてもしょうがないことをそれ以上一人で考えない!ってことです。

「やりたくない~」「めんどくさい~」と負の感情に支配される時間は極力短くおさえたほうが、それ以上ストレスに感じなくて済みます。

 

仕事を続けたいって肚に決めたなら、ここは踏ん張ってやってください。

ここまで読んで、すでに「職場へ行くのさえ、やっぱストレスだわ…」って人は、仕事をやめようと思っている人へのストレス解消法から読んでみて!

 

時間を計って、作業にとりかかる

bsBON_tokeiwomiru20150207155800

仕事場までついたら、まずはタイマーをセット。

そして、自分が決めた時間までは中断することなく、仕事に取り組んでください。

 

ポイントは、数字(目に見える形)にする&中断しないってことです。

数字にすることで、自分の行動を客観的に見ることができるし、達成感を得ることもできます。

中断せず作業をすることで、仕事前にあった億劫さを振りきってしまいましょう。

 

オススメのタイマーアプリはこれ! ⇨ toggl

PCだけでなくアプリもあるからスマホでも管理できるし、作業時間をグラフ化してくれます。

その上、複数の人で共同作業をする場合にも使えるので、競争したほうがやる気を出せるって人は仕事仲間と一緒に使ってみるといいかもです。

 

仕事のほかにも、やることを増やす

仕事をやっていても、暇だったり、やる気が出なかったりして、「めんどくさい~」って気持ちが出てくることがあります。

そんな時は、自分でやることを増やしてみましょう

仕事中にできることは限られるけど、仕事が終わった後、夢中になれる副業や趣味を作ると、生活にメリハリがでてきます。

夢中になれることを一つでも作れば、「めんどくさい」って気持ちに浸る時間が短くなります。

また、個人的に言えば、仕事に対してもやる気のある状態を維持しやすくなるような気がします。

 

 

「今の仕事をもうやめよう」と思っている人

今の仕事をやめても、同じ種類のストレスを感じる仕事をまた始めてしまったら、意味がないですよね。

今の仕事をもうやめたいって人には、次の仕事を始める前にこれだけはやっておいたほうがいいことを2つお伝えします。

自分のモチベーションになることは何か、徹底的に考えてみる

N811_higewoijirudansei

今の仕事を経験したことで、自分がどうしてもやりたくなかったことが見えてきたのではないでしょうか。

「どうしてもやりたくないこと」とあわせて、どんな場面で自分のモチベーションがあがったかを振り返ってみましょう。

サラリーマンとして働いていて、毎月決まったお金が入ってくる保証があって時間もある程度とれるのなら、尚更その環境を利用しましょう。

 

自分のモチベーションがあがる環境は何なのか。

それに加えて、自分特有の「せずにはいられないこと」についても考えてみるととても良いと思います。

適職診断テストより、「せずにいられないこと」をもとにしたほうが適職見つけやすいような気がするんですよね。

これについては、また別記事でくわしく書きます。

 

断捨離することで、身の回りを今の自分に必要な物だけにする

OZP_haizaiokibadesagyou1188

蓄積ストレス型さんは、ストレスだけではなく、身の周りに持っている物も溜めてしまってはいないでしょうか。

今の自分がに不要だと思うもの、今までもったいないと思って捨ててこれなかったものは、一度処分してしまいましょう

それによって、自分が今必要としているものにしっかり目を向けることができます。

不要品といっしょに、仕事から受けるストレスともおさらば!です。

 

まとめ

蓄積ストレス型でお悩みの人でも、仕事を続けたい人とやめたい人ではストレス解消につながる行動が違う、ということで記事を書いてみました。

今は仕事を続けたい蓄積ストレス型さんも、もしかしたら「仕事をやめたい」に将来変わるかもしれません。

 

今回、仕事を続けたい人のために紹介した行動は、無理して(お金のためだけに)仕事をしている場合にはストレス軽減効果が薄くなっていきます。

いわゆる対症療法ってやつですね。

 

ただ、今の仕事を続けたい人・やめたい人どちらにも言えることがあります。

仕事を続けるにしてもやめるにしても自分の選択。

だから、「~しなきゃいけないから、仕事をやめられない」といった言葉は、自分が行動しないための言い訳でしかないんだよってことです。

 

楽しくない仕事に対して、「どんな仕事にも勉強になることはある」「誰かの役に立つ」などと自分に言い聞かせて、えせポジティブになる必要はありません

 

「めんどくさい」と思う時間を減らす工夫をしてみましょう!

 

Pocket
LINEで送る









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です